宮城・仙台旅行特集

伊達正宗公像

松島

秋の鳴子峡

蔵王・御釜

仙台市天文台

仙台うみの杜水族館

瑞巌寺

牛たん

SENDAI光のページェント

おすすめ宮城・仙台コラム

仙台だけが見どころじゃない!
新幹線のツアーで宮城県へ行こう。

2017.2.17 更新

東北地方最大の都市である「仙台市」が県庁所在地の宮城県には、まだまだ自然がたくさんあり、四季折々の景色が楽しめるスポットも満載です。また、仙台市には東北自動車道と東北新幹線が通っているので、交通の便が良い部分も人気の理由のひとつです。

そこで中心部の仙台市で遊ぶのも良し、ちょっと郊外に出て自然を楽しむのも良しという宮城の魅力を紹介します。既に宮城県への旅行が決まっている人も、これから旅先を決める人も参考にしてみてください。

伊達政宗だけではない!宮城の魅力

仙台というと大河ドラマにもなった歴史上でも有名な「伊達政宗」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。伊達政宗は幼いころに患った天然痘が原因で片目がなかったことから、独眼竜政宗とも呼ばれる仙台藩の初代藩主です。仙台を訪れたら一度は足を運んでみたい場所が、仙台市の中心部からもほど近い青葉山にある「仙台城(青葉城)跡」です。残念ながら消失してしまい現在は石垣と城跡しか残っていません。しかし、ツアーで訪れる人が多く、跡地からは仙台市から太平洋までを一望でき、政宗が見ていたであろう景色を眺めることができます。さらにここでは、伊達政宗が中心の「奥州・仙台 おもてなし集団 伊達武将隊」が登場し、演武や写真撮影を楽しむこともできます。登場する日時は毎月変わるので、ホームページをチェックしてみましょう。

宮城の魅力はそれだけではありません。春には大河原で蔵王連峰を背に全長約8kmにもわたる「一目千本桜」が楽しめます。秋は栗駒山の紅葉が有名で、神々の絨毯とも称される山一面に広がる色とりどりの紅葉は圧巻です。冬には蔵王での樹氷もおすすめです。樹氷とは樹木についた霧や水蒸気が凍結してできるもので、一面の銀世界に白いモンスターがたくさんいるようにも見える自然の芸術です。雪上車に乗って樹氷を見に行けるツアーがあり、間近で観賞することができます。蔵王はどの季節に行っても自然の美しさを堪能できます。夏にはエメラルドグリーンに輝く火口湖「御釜」を楽しめますし、秋には紅葉も見られます。宮城県には新幹線が停車する駅が「白石蔵王駅」「仙台駅」「古川駅」「くりこま高原駅」と4つあるので、観光したい場所に合わせて新幹線の乗降ができる便利な観光地です。

泊りで行く旅行なら知っておこう!旅館の話

泊りで宮城県に旅行に行くなら、宿泊先も気になるところです。宮城には温泉がいくつかあるので、温泉好き人にはたまらないかもしれません。

宮城の温泉というと、ツアーでもよく利用され有名なのが仙台市の郊外にある「秋保温泉」と「作並温泉」です。どちらも仙台駅から電車やバスが出ていて、バスだと40分ほどの距離にあります。山に囲まれた自然豊かな場所にある温泉地なので、季節による景色の移り変わりを楽しめるところです。作並温泉では運が良ければ、野生の猿が散歩をしている場面に遭遇できるかもしれません。

仙台の奥座敷で温泉ざんまい

秋保温泉・作並温泉

  • 秋保温泉のアクセス:仙台駅からバスで40分。
  • 作並温泉のアクセス:JR仙山線「作並駅」下車。

一方、山よりも海を楽しみたい人には仙台駅から電車1本で向かえる「松島」がおすすめです。松島には太平洋を眺めながら温泉に入れる旅館が多くあります。壮大な景色を見ながら日頃の疲れを癒せるでしょう。また、食事には新鮮な魚介類が多く出されるので贅沢な旅気分を味わえます。

仙台の中心部から少し離れた場所でのんびり観光を楽しみたい人には、紅葉スポットでもある栗駒や樹氷を楽しめる蔵王にも旅館が複数ありおすすめです。栗駒には新幹線が停車する「栗駒高原駅」が、蔵王には「白石蔵王駅」があるので移動にも便利です。自然も良いけれどとにかく便利な場所に宿泊したい人には、仙台駅周辺のホテルを利用すると良いでしょう。仙台は観光客の多い土地なので、仙台駅から歩いて数分の場所にさまざまなホテルがあります。中にはリーズナブルで天然温泉付きのホテルもあるので、温泉につかり旅の疲れを癒すことも可能です。

旅行ならではの贅沢をしたい場合は、おしゃれな高級ホテルでリラックスしてみるのも良いかもしれません。

仙台に行ったら食べたい!牛たんがおいしい店

宮城の名物はいくつかありますが、「牛たん」は全国的にもよく知られている名物のひとつです。

牛たんとは牛の舌のことで、おいしい牛たんを楽しむツアーもあるほど人気が高い食べ物です。この牛たんが生まれたのは昭和23年、終戦直後のことでした。当時牛たんというと西洋料理にしか使われない食材だったのですが、牛たん発祥のお店として有名な「味太助」の初代店主が自分だけの料理を造りたいという思いから考案された料理だといわれています。現在では牛たん専門店がいくつもあり、それぞれがこだわってお店の味を売っているのです。

牛たんはほとんどのお店で麦飯とテールスープがセットになっています。なぜ白いご飯ではなく麦飯なのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。それは、麦飯には多くの食物繊維と栄養が入っているので、牛たんと一緒に食べることで栄養バランスが整えられるからだといわれています。味太助のほかにも有名なお店が「利久」と「喜助」です。利久は県内に20店舗以上を構える専門店で、肉厚なのに簡単にかみ切れるジューシーな牛たんが人気の理由といえます。喜助は昭和50年創業の歴史ある老舗で、牛たんだけでなく8時間以上も煮込んだテールスープも味わっておきたい料理のひとつです。

また、仙台駅の3階には牛たん専門店が4店舗軒を連ねており、食べ比べを楽しめます。仙台駅の新幹線の改札は3階にあるので、移動の途中やちょっとした時間にも気軽に立ち寄れるでしょう。牛たんはお土産としても喜ばれることが多いようなので、ちょっと高級なお土産としていかがでしょうか。

やまびこ号で行く仙台

牛たん定食付き 仙台日帰りプラン

伊達の牛たん本舗(仙台駅前本店・広瀬通り店)の牛たん定食が付いた
お得なプラン。牛たん焼き発祥の地で、本場・名物牛たんをご堪能頂け
ます。

牛たんを食べるプランはこちら

旅費を安くしたい!新幹線を利用してみよう

自然や食べ物など魅力たっぷりの宮城県ですが、せっかくなら交通費や宿泊費を安くして他の部分で贅沢したいと考える人もいることでしょう。

そんな時におすすめなのが新幹線のツアーです。ツアーというと宿泊先だけでなく、観光などの行き先が決まっているものを思い浮かべるかもしれません。しかし、新幹線でのツアーは違います。往復の列車代と宿泊費がセットになったお得なプランで、現地についてからの行動は自由です。宿泊先もたくさんの中から選べるので、観光したい場所の近くや好きなホテルに泊まれるのも嬉しいポイントのひとつといえます。

また、宿泊先での食事が付いているプランだけなく、食事なしのツアーなら好きなものを好きな時間に食べられるので、自由に動き回れます。仙台の中心部からちょっと足をのばしたい場合でも、仙台駅からはさまざまな観光地への電車やバスがあるので移動にも困りません。

宿泊する時間がない人には、日帰りのプランもあります。牛たんを楽しみたい人や仙台市の中心部だけでも観光したい人は、気軽に楽しめる日帰りも良いのではないでしょうか。東京駅から仙台駅までは新幹線のやまびこで約2時間から約2時間半で到着するので、遊ぶ時間は十分あります。休みがあまり取れない人でも、日帰りで気分のリフレッシュをすることも可能です。また東京から仙台までの距離を自動車で移動すると約5時間はかかってしまいますが、新幹線での移動なら時間も有効に使えます。

旅費をお得にできるだけでなく、観光を楽しむ時間も増える新幹線のツアーで、宮城へ旅行してみてはいかがでしょうか。

はやぶさに乗ろう!東北新幹線はカッコイイ

仙台で停車する東北新幹線は「やまびこ」と「はやて」と「はやぶさ」です。

やまびこは1982年に東北新幹線開業とともに運行が開始された新幹線で、長い間多くの人を運んでいるので知っている人も多いかもしれません。ツアーの場合やまびこを利用することが多くあります。「はやて」はかつての東北新幹線の最速達列車でしたが、東北新幹線の新青森延伸に伴い「はやぶさ」に置き換えられ削減傾向にあります。

新幹線で宮城に旅行に行く場合、所要時間が一番短い新幹線は「はやぶさ」です。はやぶさの場合は東京駅から仙台駅まで1時間半ほどで到着します。はやぶさは2011年3月5日に運行を開始した新幹線で、東京駅から仙台駅・盛岡駅・新青森駅・新函館北斗間で運行している特別急行列車です。見事な流線形にキレイなエメラルドグリーンの車体はカッコいいと評判で、鉄道ファンはもちろん普段あまり新幹線に乗ることのない人でもどこかで見たことがあるのではないでしょうか。新幹線を利用すると、東京駅から仙台駅までの移動時間が短いので観光にかける時間を長くとることができますし、日帰りで仙台に向かう人にもおすすめです。限られた時間の中で楽しむ日帰り旅行で、往復でも移動時間を約3時間で済ませることができるのは嬉しいポイントといえるでしょう。

また新幹線での移動の場合、外の景色を眺めることも楽しみのひとつといえます。東北新幹線は自然豊かな街並みを通るので、移動中から旅行気分を盛り上げることができるでしょう。宮城県に数多くある観光スポットや牛たんなどのおいしい名物に加えて、新幹線での移動を楽しみ、普段の生活ではなかなか味わえない贅沢な気分で旅行を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。日頃の疲れを存分にリフレッシュしましょう。

※本コラムの内容は 2017年02月 現在の情報です。