大阪旅行特集

新世界

大阪城

海遊館

道頓堀

あべのハルカス

天保山

四天王寺

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)近辺

おすすめ大阪コラム

ツアー観光で楽しむ!大阪へ旅行なら新幹線で。

2017.2.15 更新

西日本最大の都市「大阪」は、人情味あふれ、東京とは異なった魅力がある大都市です。ユーモアセンス抜群の大阪の人々、ナニワのシンボル通天閣、食い倒れの町「道頓堀」、日本を代表するテーマパークUSJなど、観光スポットを挙げるとキリがありません。また、京都や奈良、神戸にも行きやすいので、関西観光の拠点としても便利な街です。

そんな大阪を訪れるなら、新幹線が一番です。今回は新幹線を軸にした大阪観光や新大阪駅で購入できるおすすめの駅弁情報などをお伝えします。

大阪観光ではずせない大阪のシンボル

大阪はとても人気のある観光地で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン以外にも、たくさんの見どころがあります。そのため、数多くのツアーが用意されています。なかでも、新幹線の往復チケットとホテルが1泊または2泊付き、14日まで帰着日延長可能なもの、レンタカー追加手配を追加オプションで選択できるものもあります。お得なうえに、自由にカスタマイズして自分だけのツアーにできるのはうれしいですよね。そんな大阪観光で、ぜひ行っておきたい大阪のシンボルを2か所ご紹介しましょう。

大阪城

なんといっても大阪といえば、「大阪城」でしょう。豊臣秀吉によって、桃山時代の天正11年(1583年)から約1年半かけて築かれたのが「大阪城天守閣」です。五層に重ねた屋根には千鳥破風が並び、金箔で虎の飾りをほどこした黒漆喰の壁、軒に連なる金箔瓦など、贅沢を極めたものとなっています。現在の天守閣は昭和6年(1931年)に再建され、リニューアルを経て、現在は国の登録有形文化財かつ歴史博物館となっています。また、「大阪城天守閣」を中心とした大阪城公園には、大手門など数々な重要文化財があります。春には約3000本の桜が咲き誇り、なかでも西の丸庭園は、ソメイヨシノを中心に約300本の桜の名所としても有名です。大阪城天守閣で歴史を感じるだけでなく、自然に触れて癒されることもできる大阪城公園は、人生に一度は行っておきたいスポットでしょう。

大阪城観光のおすすめホテル

ホテルグランヴィア大阪

  • 住所:大阪府北区梅田3丁目1番1号 サウスゲートビルディング
  • アクセス:大阪駅(JR)より徒歩で所要時間約1分
  • CHECK IN/OUT:15:00/12:00

このホテルに泊まるプランを見る

通天閣

同じく大阪のシンボルでもあり、なにわのエッフェル塔とも呼ばれる「通天閣」もはずせません。通天閣は、昔ながらの庶民的な酒場や娯楽場が軒を連ねる街「新世界」にあります。この新世界は、明治36年(1903年)に開催された第5回勧業博覧会の跡地で、そこに明治45年(1912年)にパリのエッフェル塔を模して建てられたのが通天閣です。設計者の内藤多仲は、実はその後東京タワーも設計しています。通天閣の高さは当時64mで、東洋一でした。現在は昭和31年(1956年)に再建されたもので、最上階は103mの高さとなっています。ところで、「福の神」として知られる「ビリケンさん」がいるのは通天閣ということをご存知でしょうか?ビリケンさんの像を制作したのは、アメリカ人女性美術家で、夢で見たユニークな神様をモデルにしたそうです。"足の裏をなでると願いが叶う"といわれています。ぜひ通天閣に行って、願い事をしたり、歴史を感じながら美味しいものを食べたりして、大阪を楽しんでみてはいかがでしょうか。

通天閣観光のおすすめホテル

西鉄イン心斎橋

  • 住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目15-12
  • アクセス:心斎橋(地下鉄御堂筋線)より徒歩で所要時間約4分
  • CHECK IN/OUT:15:00/10:00

このホテルに泊まるプランを見る

大阪観光でははずせない!おいしい名物ご紹介

冒頭でも書いた通り、大阪は「食い倒れの街」として有名です。西日本の美味しいものが大阪に集結しているからです。なかでも大阪を代表する食べ物といえばふぐです。それにしても、なぜ大阪でふぐが有名なのでしょうか。実は、日本で初めてふぐに関する条例を制定したのが大阪なのです。そのため、ふぐの調理師免許が大阪で簡単に取得することができ、フグ専門店が一気に増えたので、大阪が「ふぐの街」になりました。大阪市内を歩くと、ふぐの顔が描かれたふぐ専門店をあちらこちらで見ることができます。また、大阪のふぐ専門店は安くて美味しいことでも有名です。例えば、豪華なてっちり料理も1万円以下で楽しむことができます。

また、大阪は粉物文化が栄えている街としても知られています。たこ焼き、ねぎ焼き、お好み焼きなど庶民的の味を楽しめます。店によって味が異なりますので、いろんなお店にはしごするのもおもしろい楽しみ方でしょう。

大阪固有のグルメで有名なのが押し寿司です。押し寿司は握り寿司を真四角にしたような形をしており、一口で食べられるのが特徴です。江戸前寿司は人肌くらいの温度が食べごろだと言われていますが、押し寿司は冷めても美味しいように工夫がされています。そのため、夏の暑い時期に冷えた押し寿司を食べると、爽快な気分を味わえることでしょう。

そして、最後のシメはカニで行きましょう。道頓堀に行くと、CMや看板で有名なカニ専門店「かに道楽」があります。かに道楽ではかにのフルコースから、一品料理まで様々なメニューがあります。また、お昼専用のコースもありますので、昼間でも気軽にかにが楽しめます。

このように、大阪には美味しいものがいっぱいです。「食」をメインにした大阪観光も捨てがたいですね。

宿泊施設と新幹線のチケットはペアで考えるとお得?

「大阪旅行を少しでも安く楽しみたい!」そのような方は、宿泊施設と新幹線のチケットがセットになったプランはいかがでしょうか。例えば、一般的に素泊まりで大人1人あたり新幹線の往復チケット込みのプランは、2万円台から3万円台になります。東京から新大阪までの新幹線料金が片道13,000円台であることを考慮すると、かなりお得な値段設定といえるでしょう。また、このプランは新幹線やホテルを自由に選ぶことができます。グリーン車利用のセットプランもあり、片道2,000円台プラスで利用することができます。繁忙期で普通席が取れなかった場合は、グリーン車の利用も検討されてはいかがでしょうか。

大阪にあるテーマパーク『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)』に行く際も、新幹線と宿泊施設がパックになったプランがおすすめです。飛行機とセットになったプランもありますが、関西国際空港、伊丹空港からUSJまでは離れています。新幹線ですと、新大阪駅からUSJまで20分以内でアクセスできます。なお、新幹線、ホテル、USJの入場券付きの首都圏からのセットプランは2万円台から4万円台となっています。

オンシーズンになると、新幹線や宿泊施設が満室になるので、早めに予約しましょう。また、時期によって価格が大きく異なりますので、資料を集めていろいろと比較検討してみましょう。きっと、あなたにぴったりのお得なプランが見つかるはずです。

新幹線で行くと早い?指定席でゆったり旅行。

新幹線の最大の特徴は「待たずにいつでも乗れる」ことにあります。それでは所要時間の観点から見ると、新幹線の実力とはどうなのでしょうか。東京から新大阪まで「のぞみ号」で2時間33分かかります。飛行機の場合、東京から大阪までが約1時間であることを考えると、遅いように感じます。しかし、飛行機の場合は街の中心地から空港まで離れていることが多いです。

例えば、東京から羽田空港までは乗り換え1回で約30分かかります。そして、空港ではチェックインや荷物検査が待っています。時期によって時間は変わりますが、だいたい40分と仮定しましょう。大阪に最も近い空の玄関口は伊丹空港です。伊丹空港から大阪までは乗り換え1回で約30分です。つまり、東京から大阪まで、飛行機利用ですと2時間30分から3時間かかることになります。このように見ていきますと、飛行機と新幹線ではさほど時間差はありません。また、新幹線ですと確実に時間を読むことができます。

新幹線はチェックインや荷物検査がありませんので、ゆったりと過ごすことができます。東京から新大阪間は大変込み合いますので、自由席は埋まっていることが多いです。新幹線で確実に、かつゆったりと座りたければ、指定席を購入しましょう。オンシーズンの場合は早めに指定席を押さえる必要があります。なお、2016年から東海道新幹線では指定席、グリーン席での検察が廃止されました。よりゆったりと新幹線の旅行が楽しめるでしょう。

新幹線ならでは!新大阪の駅弁を楽しもう

新幹線の旅で忘れてはならないのが駅弁です。新大阪駅、2Fのコンコースでは魅力的な駅弁が販売されています。新大阪駅で販売されている最も有名な駅弁は、「八角弁当(はちかくべんとう)」でしょう。名前の通り、容器は八角形となっています。中身は白米、鶏の照り焼き、卵、海老芝煮、サトイモなどが、バランスよく配置されています。様々な具材が楽しめ、大変お得感のある駅弁です。

関西の味を一気に楽しみたければ、「近畿味めぐり駅弁」がおすすめです。かやくご飯の中には深い味で有名な近江鶏が入っています。メンチカツは有名な近江牛を使用しており、ごま味噌は奈良の興福寺の秘伝レシピを再現したものです。和歌山県の紀州南高梅も味のアクセントになっています。満足度の高い駅弁といえるでしょう。

新大阪駅で京都の味を楽しむのも悪くないでしょう。京都の具材が詰まった駅弁といえば、「祇園」です。蓋を開けると、京都らしい華やかな装いに目が奪われます。メインは「マス柚子味噌焼」と「ブナシメジの天ぷら」となっています。さらに、くわい揚げ、海老芋煮、漬物が味を引き締めます。また、弁当の蓋も見逃せません。蓋のデザインは金色をバックとした舞妓さんの後ろ姿になっており、雅な雰囲気がダイレクトに伝わってきます。他にも、京都の家庭料理をイメージした駅弁「京のおばんざい」などもあります。

今回紹介した以外にも、新大阪駅には駅弁がたくさんあります。駅弁を選ぶ時は発車時間を忘れがちになります。新幹線に乗り遅れないようにご注意ください。

※本コラムの内容は 2017年02月 現在の情報です。