長野・軽井沢旅行特集

旧軽井沢銀座

旧三笠ホテル

軽井沢プリンス・ショッピングプラザ

ショーハウス記念館

雲場池

軽井沢高原教会

石の教会

白糸の滝

ハルニレテラス(星野リゾート)

おすすめ軽井沢コラム

長野へ旅行に出かけるなら
軽井沢の日帰りツアーがおすすめ!

2017.2.20 更新

古くから避暑地として、また温泉リゾート地としても有名な軽井沢は、長野県北東部にある人気の観光地です。北陸新幹線の開通によって東京からのアクセスがぐっと良くなりました。

季節ごとに様々な表情へと変化を見せる軽井沢では、温泉やショッピング、豊かな大自然など、見どころが満載です。人気の観光地ながら東京から片道1時間程度の場所にあるため、日帰り旅行を楽しめるのも魅力です。今回は軽井沢へのおすすめ日帰り旅行のプランについてご紹介しましょう。

軽井沢の魅力を知ってから旅行の計画を立ててみる

軽井沢へ日帰り旅行する際は、事前に軽井沢でどういったことを楽しみたいのかをあらかじめ決めておくとよいでしょう。軽井沢ではあらゆる目的で観光を楽しむことができます。たとえば自然豊かなロケーションを堪能したいならば、白糸の滝や雲場池のような素晴らしい景色の観光スポットがありますし、レンタルサイクルを利用して緑豊かな軽井沢の町をめぐることもできます。温泉を堪能したいならば、星野リゾートの経営する「星野温泉トンボの湯」で大正5年から続く名湯に浸かってみるのもいいでしょう。グルメを楽しみたいならば、名物の信州そばや旧軽井沢銀座にあるカフェ巡りなどを楽しむというプランもあります。

ショッピングの施設も充実しています。北陸新幹線の軽井沢駅すぐにある軽井沢プリンスショッピングプラザは、ゴルフ場の跡地を利用してできた巨大ショッピングモールです。ここでは6つに区分けされたショッピングモールでお買い物を楽しめます。

そして冬場の長野といえば、スキーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。スキー場となる軽井沢プリンスホテルスキー場は、駅からのアクセスも良く、ファミリーから若い年代のスキー愛好家まで、様々な目的に応じたスノースポーツが楽しめます。

このように東京から新幹線を利用すると、片道で1時間程度のアクセスにもかかわらず、都会の喧騒から離れて非日常的な時間をたっぷり過ごすことができます。これだけ様々な観光スポットや楽しみ方のある観光地ですので、1日で軽井沢のすべてを味わい尽くすことは難しいでしょう。たくさんの魅力のある軽井沢観光ならではの贅沢な悩みどころですね。日帰りで旅行する場合は、軽井沢で過ごしたいことをある程度しぼって効率よく観光することをおすすめします。

観光プランはどうしよう?日帰りだと気になる時間のこと

日帰り旅行となると、やはり時間のやりくりが気になるところです。特に軽井沢までのアクセス時間、そして軽井沢についてからの各観光地への移動時間や移動手段といったところをうまく考えてプランを立てないと、1日で周りきれなくなってしまいます。

まず軽井沢までのアクセスですが、東京からのアクセスでは北陸新幹線を利用するのが最短です。北陸新幹線で東京駅から軽井沢駅までは約1時間10分、料金は特急料金を含んで片道5,390円です。例えば高速バスと比較してみますと、池袋から軽井沢までは片道で約3時間かかりますので日帰り旅行で行くなら新幹線が断然時間的に有利でしょう。

軽井沢に到着後はJR軽井沢駅と中軽井沢駅を拠点としてバスやタクシー、レンタカーなどを利用して移動します。バスや車で片道30分圏内の場所に様々な有名観光スポットがありますので、周りたい場所をピックアップしてルートを決めておくと効率的です。またおしゃれなカフェやグルメ、ショッピングを楽しみたい場合は、軽井沢駅を出てすぐのところにある「軽井沢プリンスショッピングプラザ」があります。また、軽井沢駅から北へ軽井沢本通りを歩いていくと、徒歩30分ほどで「旧軽井沢銀座」もあります。この周辺には文豪の記念館や脇田美術館のような文化的な施設がたくさんあり、路地にある名物のデリカデッセンでは、ハムやソーセージなどのご当地グルメを堪能できます。

このように駅から近いエリアでもうまくルートを設定して効率よく移動すると、半日でも十分楽しむことができるのが軽井沢の魅力です。観光の目的を絞り、観光するエリアを限定してプランを立てれば、日帰り旅行でも無理なく観光することができるでしょう。

ツアー旅行のメリットはたくさん!ニーズに合わせて選ぶ

軽井沢は日本有数の避暑地として国内外に有名で、特に夏は沢山の観光客でにぎわいます。そのため、旅行シーズンや連休などの期間では、人気のホテルや温泉、そして新幹線の指定席の予約などはすぐにいっぱいとなってしまいます。日帰り旅行を計画する際には、あらかじめ余裕をもってチケットの予約などを済ませておく必要があります。

そこで軽井沢への日帰り旅行プランにおすすめなのは、新幹線旅行ツアーです。これは新幹線の往復チケットと各宿泊施設や観光スポットのチケットがセットになって販売されているパッケージツアーです。その多くは自分でチケットを別々に確保するよりもお得になり、確実に新幹線の予約を抑えられるという点も大きなメリットでしょう。また、日帰り旅行の場合、効率よく軽井沢を観光するために、現地での移動手段も大事になってきます。こうしたパッケージツアーには送迎バスがついていたり、レンタカーをオプションで付けられたりするものもあります。経済的にもとてもお得に観光することができるでしょう。

また、ショッピング、グルメ、自然を満喫する、美術館や記念館を周るなど、さまざまなニーズや目的に合ったプランを選べば、各種の優待やサービスを受けられるものもあります。自分で細かくプランを決められない場合でも、こうしたパッケージツアーを利用すれば、好みの観光プランを見つけて軽井沢への日帰り旅行を楽しむことができるでしょう。

北陸新幹線で行く軽井沢

駅周辺で楽しめる「軽井沢」日帰りツアー

新幹線なら東京から軽井沢まで約1時間ちょっとでアウトレットも
リゾートもスポーツも楽しめる!

軽井沢日帰りプランはこちら

工芸品や自然に触れ合う施設を見学できる観光地

軽井沢は東京から新幹線で約1時間10分、長野駅からも約30分というアクセスの良い、大自然のロケーションに恵まれた観光地です。また古くから文豪や文化人が避暑地として利用してきた文化的なゆかりの多い場所でもあり、文豪や工芸家に関連した施設が数多くあります。そんな軽井沢の有名観光地の中からおすすめのスポットを少しだけご紹介しましょう。

白糸の滝

軽井沢の観光スポットの代表格です。軽井沢駅からはバスが出ていて、片道10分程度で到着します。レンタカーや自家用車で移動する場合は、有料道路から車を止めていかなければならないのでは注意が必要です。車を止めて150メートルほど、渓流のせせらぎを聞きながら歩いていくと白糸の滝に着きます。そこには、湾曲した絶壁の全面に、数百の滝が絹糸のように落ちる景色が広がります。圧巻ともいえる大自然の美しさを堪能し、気分もリフレッシュされるでしょう。夏にはプロジェクトマッピングとライトアップによる演出があったり、秋には紅葉も楽しめたりと、人気のスポットです。

陶芸体験軽井沢DOG

軽井沢では陶芸やガラス細工などの工芸品も名物として有名です。様々な工芸品がお土産として販売されているだけでなく、実際にそうした工芸品を制作する体験工房なども数多くあります。そのなかでもおすすめなのは、軽井沢でも別荘地として知られる南軽井沢、レイクニュータウンのほとりにある陶芸の制作体験施設「陶芸体験軽井沢DOG 」です。軽井沢駅から車で10分ほどの距離にあり、近くにバラ園などもあって閑静で美しい自然のロケーションに囲まれています。湯呑みやマグカップなどの好みの作品を丁寧に指導してくれます。家族連れやカップルなどにも人気で、初心者であっても旅の思い出となる作品を作ることができます。

日帰りでも楽しめるスキー場も充実な軽井沢

冬の軽井沢と言えばスキーですよね。軽井沢のスキー場へ行く場合も、新幹線のパックツアーを選んだ方がメリットは多いでしょう。高速バスによる日帰りのスキーツアーがメジャーと考える人もいるかもしれません。しかし、バスで出発するには、前日の夜遅くか当日の朝早い出発のバスに乗っていかなければなりません。天候事情や道路状況によって到着時間にばらつきが出ることもあり、万が一時間がかかってしまった場合、十分なスキーの時間を確保できない可能性があります。また、雪の中を車で移動するのは安全面で不安がないわけではありません。その点、新幹線なら朝の7時頃に東京を出発して9時頃には確実にゲレンデに入れます。さらに安全面のリスクは少ないし、パッケージプランを利用すると格安のリフト券がセットになっていてお得です。一番安い日帰りプランなら、往復1万円前後でスキーを楽しむことができますよ。

メリットの多い新幹線でのスキーツアーですが、デメリットもあります。それは、荷物の運搬についてです。スキー板やスキーブーツなどの装備を新幹線に持ち込むのも、駅に到着してから大きな荷物を運ぶのも大変でしょう。そのような場合、駅からゲレンデまでの無料シャトルバスがついているパックツアーを選ぶといいでしょう。また、スキー用品のレンタルもおすすめです。ツアーによってはレンタルが割引になるものもあり、利用しやすくなっています。ハイシーズンではチケットの確保も大変ですから、こうしたパックツアーを早めにチェックし、便利でリーズナブルに、そして安全にスキーを楽しみましょう。

※本コラムの内容は 2017年02月 現在の情報です。