箱根旅行特集

箱根登山鉄道

箱根水族館

芦ノ湖

仙石原

箱根ロープウェイ

箱根関所跡

強羅駅

箱根ガラスの森美術館

箱根彫刻の森美術館

おすすめ箱根コラム

ロマンスカーに乗りたい!箱根旅行はツアーで行こう

2017.2.15 更新

全国でも、昔から知られている観光地といえば、箱根です。箱根には自然に囲まれた温泉、タイムスリップしたような感覚になる洋館、旅情満点の箱根登山鉄道など、魅力的なスポットがたくさんあります。そのような見所いっぱいの箱根へアクセスするには、小田急電鉄の特急「ロマンスカー」が便利です。新宿から一直線で箱根まで行けます。

この記事ではロマンスカーを軸に箱根の楽しみ方をお伝えします。記事を読み終えると「箱根に行きたい!」という気分になることでしょう。

列車の魅力が知りたい!ロマンスカーについて

「ロマンスカー」は小田急電鉄が運行する特急列車の愛称です。箱根湯本行きのロマンスカーは新宿もしくは東京メトロ千代田線の北千住から出発します。新宿発箱根湯本行きのロマンスカーには「スーパーはこね」や「はこね」、北千住発箱根湯本行きのロマンスカーには「メトロはこね」という列車名が与えられています。最も速いのが「スーパーはこね」です。「スーパーはこね」は新宿から小田原の間はノンストップで走り、新宿から箱根湯本までの所要時間は85分になります。なお「はこね」と「メトロはこね」は列車によって停車駅が異なりますのでご注意ください。

ロマンスカーの魅力といえば何といっても展望席でしょう。「スーパーはこね」「はこね」に使われる50000系(VSE)と7000系(LSE)には展望席が設置されており、迫力満点の前面展望が楽しめます。展望席は人気の高い座席なので、早めに予約されることをおすすめします。また、座席にもこだわっているのがロマンスカーの特徴です。例えば、最新車両の50000系(VSE)の座席は背もたれと座面がシンクロして動く「アンクルチルトリクライニング」を採用しています。そのため、長時間乗っていても無理のない姿勢で鉄道旅行が楽しめるのです。

ロマンスカーはハードだけでなくソフトなサービスも見逃せません。ロマンスカーでは季節に応じたお弁当、軽食、飲み物が販売されています。また、豪華な「ご予約専門弁当」を注文するのはいかがでしょうか。「ご予約専門弁当」をロマンスカーで楽しむ場合はあらかじめ電話予約が必要です。

このように、ロマンスカーは旅人を魅了する仕掛けがたくさん詰まった車両です。多くのツアーがロマンスカーを取り入れているのも納得できるのではないでしょうか。ロマンスカーに乗って、箱根観光の旅を始めましょう。

箱根はロマンスカープランで安く行く

ロマンスカーは乗車券のほかに特急券を購入する必要があります。新宿駅から箱根湯本駅までは約2,000円、東京駅からですとJR線経由で約2,300円になります。所要時間は乗り換え時間含めて2時間かからないでしょう。ここでは、他の交通機関と比較して、ロマンスカーのコストパフォーマンスを検討してみましょう。

例えば、新幹線を使ったプランで考えてみましょう。東京駅から東海道新幹線に乗り、小田原駅で箱根登山鉄道に乗り換え、箱根湯本駅に到着する形になります。所要時間は乗り換え時間を含めて60分前後です。しかし、新幹線を使うと料金が高くなります。東京駅から箱根湯本駅まで普通車指定席券を購入すると約3,850円にもなってしまうのです。移動時間を考慮に入れても、約1,550円の差は大きいのではないでしょうか。

次に在来線で考えてみましょう。東京駅からJR東海道線に乗ると、普通列車であっても小田原駅まで乗り換えなしでアクセスでき、乗り換えて箱根湯本駅まで向かえます。料金は約1,800円、所要時間は約2時間ですが、約500円の差額でしたら、ゆったりとくつろげ、サービスが充実しているロマンスカーを利用すると、旅行がよりいっそう充実するのではないでしょうか。

最後に高速バスと比較してみましょう。高速バスは新宿から箱根桃源台方面へ向かいます。新宿からバスの所要時間だけでも2時間以上になり、さらに東京駅から新宿駅までの移動時間も含めるとかなりかかってきます。片道運賃も、降車駅によりますが1700円台から2,000円台になります。ロマンスカーのコストパフォーマンスの良さがわかるでしょう。

旅行を考える上で、コストパフォーマンスを考えることはとても重要です。ツアーであっても、箱根観光はロマンスカーを利用しましょう。

温泉でゆったり!箱根のオススメ宿はどこ?

箱根観光の目玉といえば温泉ですね。せっかく、箱根に行くのですから快適な温泉宿に泊まりたいですよね。ここでは、おすすめの宿をご紹介します。

箱根で最も歴史が古く豪華なホテルといえば「富士屋ホテル」でしょう。富士屋ホテルは1878年(明治11年)に創業した日本でも指折りのクラシックホテルです。本館の建物は明治時代の建築物で多く見られる和洋折衷様式になっています。もともと、外国人観光客をもてなす目的からスタートしたので、日本文化を伝える工夫が随所に見られます。

富士屋ホテルは5つの建物で構成されており、そのうちの4つは登録有形文化財に指定されています。どの部屋も重厚な雰囲気となっており、歴史の重みを肌で感じることができるでしょう。富士屋ホテルでおすすめの温泉は、菊華荘にある宿泊者専用の貸切風呂です。この温泉の浴槽は全て檜造りになっており、自然の中でゆったりとくつろぐことができます。なお、入浴日帰りプランも用意しています。また、富士屋ホテルこだわりのフランス料理も見逃せません。ぜひ、こだわりの伝統の味を堪能してください。

1878年創業の老舗ホテル

宮ノ下温泉 富士屋ホテル

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
  • アクセス:宮ノ下駅(箱根登山鉄道)より徒歩で所要時間約7分
  • CHECK IN/OUT:15:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

ツアーで利用される和風ホテルといえば「南風荘」です。南風荘はどの部屋もゆっくりとくつろげる和室になっています。部屋は広々としているので、小さな子供を連れて行く方にとっては、最適なホテルといえるのではないでしょうか。温泉は露天風呂となっており、箱根の大自然を肌で感じることができます。また、部屋で豪華な会席料理も楽しめます。

花崗や青石をふんだんに用いた大浴場や露天風呂で箱根を満喫

ホテル南風荘

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋179
  • アクセス:箱根湯本駅より送迎バスにて5分
  • CHECK IN/OUT:15:00/11:00

このホテルに泊まるプランを見る

もちろん、これ以外にも箱根にはおすすめのホテルがたくさんあります。ホテルとロマンスカーを組み合わせたお得なツアーは数多くそろっていますので、ぜひチェックしてみましょう。

箱根の観光名所が知りたい!

箱根観光を温泉だけ終わらせるのはあまりにももったいないでしょう。温泉以外の様々な名所を訪れ、ぜひ箱根を満喫してみませんか。ロマンスカーの終着駅である箱根湯本駅からは箱根登山鉄道が接続しています。この箱根登山鉄道は日本でも屈指の登山鉄道となっており、車窓からは美しい箱根の景色を堪能することができます。例えば、6月から7月にかけては色鮮やかなあじさいが楽しめることでしょう。また、この時期になると、特別列車「夜のあじさい号」が運行されます。

また、「箱根」といえば「箱根駅伝」を思い浮かべる方も少なくないでしょう。伝統ある箱根駅伝の資料を集めたのが、箱根湯本駅近くにある「箱根駅伝ミュージアム」です。この博物館では箱根駅伝の歴史を紹介した一般的な解説はもちろんのこと、真剣勝負の裏側にあったエピソードも紹介されています。また、ミュージアムショップでは、大学オリジナルグッズを購入できます。箱根駅伝ミュージアムを出ると、そこに現れるのは箱根駅伝のコースです。コースに立つと、駅伝選手の息づかいが伝わってくるのではないでしょうか。箱根駅伝ミュージアムに行くと、箱根駅伝がより一層楽しめるようになります。

時間がある方は芦ノ湖まで足を伸ばしてみましょう。箱根湯本駅からですと、まずは箱根登山鉄道に乗り、強羅駅まで行きます。強羅駅からケーブルカーに乗り、早雲山駅を目指します。早雲山駅は標高757mの場所にあり、晴れの日には箱根を一望できることでしょう。早雲山駅からはロープウェーに乗り、芦ノ湖の湖畔にあたる桃源台駅で下車します。芦ノ湖には遊覧船が運行されており、のんびりと船の旅が楽しめます。また、釣り場としても有名です。フリーツアーで来られる方は、様々な箱根の名所を訪れてみましょう。

宿泊も旅費も一緒で簡単!ツアー旅行のメリット

今まで箱根の魅力を伝えました。しかし「箱根観光は高いのでは...」と考えている方も少なくないでしょう。そのような方におすすめなのがロマンスカーを組み入れたツアーです。多くのロマンスカーを利用したツアーが販売されています。

例えば箱根フリーツアーには、ロマンスカーの往復料金と、ホテルの宿泊料が含まれているものがあります。お食事は、ホテルでの1日目の夕食と2日目の朝食が付いてくるでしょう。大浴場もあるホテルならば、ゆっくりと箱根の湯を楽しむこともできます。このようなプランのもので、価格は大人1人あたり10,000円台でしょう。また、ロマンスカーの列車が指定されていないものであれば、自分が好きな時間帯かつ好きな場所からロマンスカーに乗車することもできます。そのため、新宿以外の小田急線と東京メトロの駅、相模大野、本厚木、北千住、町田、霞ヶ関、表参道、海老名、大手町から出発できるのです。

また、追加料金を払うことで、箱根地区の乗り物が乗り放題になり、施設が無料で使える「箱根フリーパス」を手に入れることができるツアープランもあります。新宿から箱根湯本の往復分が約4,000円であることを考慮すると、大変使い勝手のいいプランではないでしょうか。

このように、ツアーを利用するとお得に箱根観光を楽しむことができます。今回紹介したツアー以外にも多くのツアーがありますので、資料を集めていろいろ比較検討してみましょう。きっと、あなたにピッタリのツアーが見つかることでしょう。なお、オンシーズンになりますと、すぐにうまってしまうため、早めに計画を立てることをおすすめします。

※本コラムの内容は 2017年02月 現在の情報です。