千葉・銚子旅行特集

犬吠埼

犬吠埼マリンパーク

銚子ポートタワー

長九郎稲荷大明神(ちょぼくり稲荷)

銚子電鉄

銚子空撮

地球の丸く見える丘展望館

屏風ヶ浦

風力発電

おすすめ銚子コラム

千葉県へ日帰り旅行なら銚子をツアーで訪ねてみよう。

2017.2.18 更新

ディズニーランドや鴨川シーワールド、マザー牧場など、千葉には休日に訪れたいスポットがたくさんありますね!海を満喫したい人や美味しいシーフードを堪能したい人におすすめなのが、千葉の東端にある「銚子」です。日本有数の水揚げ量を誇る漁港として有名な銚子では、新鮮な魚介類を食べるツアーや日帰り温泉を楽しむツアーなどが多数販売されています。

ここでは銚子の知られざる魅力に迫り、おすすめの観光スポットなどをご紹介していきます。

時間の心配なし!ツアーなら安心して日帰り旅行

東京から特急列車で約1時間50分で到着する銚子は、日帰りで旅行するのに最適な町です。1975年から運行している東京から銚子間を結ぶ「房総特急列車しおさい」に乗って、快適な鉄道の旅をしてみませんか。ツアー旅行には銚子の魅力を満喫できるものがたくさんありますよ。

ドライブの旅も楽しいですが、ツアーを利用すると帰りの運転を気にすることがないので、ゆっくりと時間を費やすことができます。東京発銚子の列車日帰りプランには、自分の好きな時間帯の列車に乗ることができるフリープランがあります。朝早くから行動したい人、休日はゆっくりと出発したい人など、自分のペースに合わせて予定を組むことができるのはうれしいですね。またツアー旅行は自分で切符を取るよりも割安で購入できるというメリットがあります。中には現地で使用できるお買い物券や名物のぬれ煎餅がサービスされるうれしいプランもあります。

一般的にツアー旅行は2名以上で申し込むものが多いですが、1名で参加可能なプランもあるので一人旅をしたい人にも安心です。また観光地で気になるのが現地の交通機関ですが、ローカル線の「銚子電鉄」を利用すればほとんどの観光スポットにアクセス可能です。駐車場を探す手間も必要ないので、ツアー旅行は気軽に参加できるメリットが多いでしょう。

日帰り旅行でおさえておきたい銚子の名所

銚子といえばまずは海をイメージする方も多いのではないでしょうか。海を眺めることができる銚子のスポットとして人気なのが「犬吠埼」です。ここには、英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントン氏が設計し、明治7年に建てられた「犬吠埼灯台」が立っています。真っ白にそびえる美しい灯台は「日本の灯台50選」や国際航路標識協会が選定した「世界各国の歴史的に特に重要な灯台100選」にも選ばれています。灯台の下にはとても珍しい真っ白な郵便ポストがあり、ここから手紙を出すのが人気となっています。また、高い所から銚子を眺望することができるスポット「銚子タワー」は、銚子のランドマーク的な存在です。約57mもの高さを誇る総ガラス張りのツインタワーの展望所からは、雄大な太平洋が一望できます。またすぐ下には銚子漁港があるので、行き交う漁船や水揚げの様子を見下ろすことができるでしょう。そして、国の天然記念物にも指定されている「屏風ヶ浦」は、断崖絶壁が続く絶景地です。高さ40mから50mの絶壁が約10kmも連なり、その迫力から「東洋のドーバー」と呼ばれています。一味違う海が堪能できるスポットとして人気です。

銚子市内にも魅力的なスポットがありますが、その中でも地元の人に愛される「門前軽トラ市」は風情があっておすすめです。円福寺の門前商店街として栄えた通称「銚子銀座商店街」では、毎月第4日曜日に軽トラ市が開催されています。地元の人が海産物や畑で採れたての野菜、地元で愛される料理などを販売しています。銚子の人と実際に触れ合える場所として多くの観光客が訪れています。毎月テーマを決めて開催されていて、時にはライブで盛り上がることもありますよ。

漁港がある場所ならでは!おいしい食べ物を味わう

銚子は、千葉県北東部に位置する関東の東の端に位置する港町です。沖合には暖流の黒潮と寒流の親潮がぶつかり合う絶好の漁場があり、日本でも有数の漁場となっています。年間を通じて獲れる金目鯛の他にも、春はマダイにヤリイカ、夏のマイワシ、秋のサンマやサバ、冬のアンコウやヒラメなど、新鮮な魚介類の宝庫です。

そんな美味しい魚介類を購入できる場所として人気のスポットが「ウォッセ21」です。ウォッセ21は、漁港のすぐ近くに建つ水産物即売センターです。獲れたての魚介類はもちろん、地元の特産品も購入することができ、その場で宅急便で送ることも可能です。また、市場のような活気を味わえるのも醍醐味でしょう。毎月第3日曜日には、マグロの解体ショーも開催されています。巨大なマグロを手慣れた手さばきで解体する様子は必見です切り身の試食もあるので魚好きの人には特におすすめです。

しおさい号で行く銚子

銚子でお買物 銚子日帰りプラン

ウォッセ21で使えるお買物券1,000円券と、銚子名物「ぬれ煎餅」が
3枚付いたお得なプラン。

銚子でお買物プランはこちら

そのすぐ隣にある「レストランうぉっせ」では、季節ごとの旬の魚料理を味わうことができると、いつも多くの人で賑わっています。金目鯛姿煮定食やサバ一夜干し定食、生の新鮮な魚が乗った海鮮丼に、ジャンボアナゴ丼など、ボリュームのある食事が手頃な値段で食べられると人気です。この他にも銚子市内にはたくさんの美味しい魚料理が食べられるお店があります。アジフライが名物の定食屋や魚問屋直営の活魚専門店など、お店選びには困りません。列車プランで訪れればお酒を飲むこともできるのがうれしいですね。新鮮な魚と美味しいお酒で最高の旅になるでしょう。

(参考URL:http://www.wosse21.net/wosse-1.htm)

お寺や神社巡りもできる銚子の街

漁港の町「銚子」にはお寺や神社が多くあり、意外にもパワースポット巡りをする観光客が訪れる場所でもあります。そのなかでもパワースポットとして人気のお寺や神社をご紹介します。

まずは八方除けで信仰されている「猿田神社」です。厄年は年齢によって回ってくる厄ですが、方位に関しての厄があることをご存じですか。人はついていないことが続く時に「八方塞がり」という言葉を使いますよね。方位や家相、地相などの方位に関する一切の災厄を払い除くことを八方除け(もしくは方位除け)と言い、猿田神社にはこのご利益があることで知られています。房総地域では最古の神社でもあり、かつて歴史上名を知られる将軍たちが戦勝祈願に訪れていたことから、「道開きの神」としても有名です。境内に祀られている石碑はパワースポットとの謂れがあり多くの人が参拝に訪れています。次にご紹介するのは銚子市馬場町にある真言宗「円福寺」です。朱色の大きな門が出迎えてくれるお寺は、かつて弘法大師が開眼した地としても知られています。敷地内には十一面観世音菩薩が祀られた本堂や仁王門、五重塔、大仏などがあり、多くの観光客が訪れるスポットです。また境内には「銚港神社」が祀られ、古くから地元の人たちの信仰を集めています。毎月1回は縁日が開かれるので、それを目当てに訪れるのもいいですね。最後に犬吠埼からすぐの場所にある「満願寺」です。元旦には初日の出を拝めるお寺として知られています。境内には約6,000本もの椿が植えられ、12月末から3月にかけて一斉に美しい花を咲かせるため「椿寺」として親しまれています。願いを叶えてくれる観音様があるということで、パワースポットとして人気を集めています。

日帰りでもOK?スパや温泉でリラックス

銚子には絶景を眺めながら入浴できる温泉が多くあります。ゆっくりと温泉に浸かって日頃の疲れを癒す旅もいいですね。できれば宿泊してのんびり過ごしたいですが、日帰りでも大満足できる温泉があるのが銚子の魅力でもあります。

観光名所「犬吠埼」にほど近い「スパ&リゾート犬吠埼太陽の里」は、日帰りプランが充実した巨大温泉施設です。施設内の日帰りスパ「一望の湯」では、真っ青な海と緑を眺めながら最高の癒し体験をすることができます。天然温泉の露天風呂や岩風呂、女性専用のシルク風呂、男性専用のジェット風呂、炭酸風呂、岩盤浴などいろんな種類のお湯が楽しめることから、ファミリー層にも人気です。またプールも併設されており、室内プールは年中利用することができます。天然温泉には、神経痛から消化器病、冷え性、婦人病、疲労回復など幅広い効能があります。「スパ美森」は、事前予約して利用することができます。ハーブのホットパックやアロマボディートリートメントに加え、季節ごとに組まれたスペシャルメニュー、海水や海藻を使用するタラソテラピーなどが人気です。贅沢な空間の中で受けるマッサージはまさに至福の時でしょう。天然温泉とエステで美に磨きをかける休日も素敵ですよね。さらに太陽の里では、昼食プランやお部屋で休憩できるプランなどの用意もあるので、1日ここでゆっくりと過ごすこともできます。特別な時間を過ごしたい方にはおすすめのスポットです。他にも昔から犬吠埼で営業している老舗の観光ホテルなどでも日帰り温泉入浴ができるところがあるので、身も心も癒されたい方はぜひ訪れてみてください。

※本コラムの内容は 2017年02月 現在の情報です。